資産運用において信用取引の重要な特性に関して

一層大きい利益を享受することを目的とした信用取引

株式投資に関しては、比較的リスクが高く、そして高い実入りの資産運用だと評価されています。しかし、バランスが取れたトレードを実行すれば、それほどリスクを負うことなく、そこそこのリターンが得られるでしょう。 とは言え一層株式投資などを使って大きく収益を生み出したいという人のために信用取引というようなものが整備されています。あらためていうまでもなく、大勢の方が、株式投資におきまして合理的に利用されています。

信用取引の基本的な仕組み

信用取引に関して、理解しやすく言いますと、自らが所持している資金よりも大きい額の株式投資ができるというものです。投資家が、今抱えている資金や、株式を担保にして、証券会社から金銭を借ります。そして、借りた金銭によってさらなる投資を実施して、大きな実益をターゲットにしていくというものです。 信用取引の信用に関しましては、自分自身に掛かってくる信用ということを指します。つまり、自身が有している資産を担保にするということになります。

3倍の取引と空売りが可能です

オーソドックスな株式投資については現物取引と呼称されます。これに関しては自ら持ち合わせている資金の範囲内で取り引きするということですので、自己資金の範囲内しか関わりません。 その一方で信用取引につきましては最高限度で3倍の取引が可能となっています。 加えて、空売りというテクニックが出来ます。これは株価が下がっていても実益が受けられます。証券会社より株を借り入れし、それを市場で売却します。少しして株価が落ちたときに買い戻し、証券会社に返還します。

信用取引は、自分の手持ちの資金以上に株の売買を行うことができ、現金だけでなく、現物株を代用有価証券として、信用取引の担保として利用できます。