相続税に関する対策としてやれることについて

まずは税理士に相談をしましょう

相続税というのは、税理士に相談するとよいでしょう。そうすることによって、少しでも税金を安くすることができるのであればそれはとてもよいことになります。税金に関するスペシャリストですから相談する相手として非常に無難であり、最も妥当ともいえるでしょう。言うまでもありませんが、それにはお金がかかることになりますから、これは覚悟しておきしまょう。しかし、それで節税できるのであれば実に良い行為であるといえます。

贈与をすることによる対策

相続税対策として最も無難なこととして、贈与があります。これは最もお勧め出来ることになります。贈与をすることによって、まず財産を目減りさせることができるようになりますから、おすすめできます。当たり前ですが非課税枠を利用する必要があるのです。年間110万円までは問題ないことになっています。これが贈与をすることができる非課税枠になりますから、毎年、キチンと消化していきましょう。そうすればかなり節税効果が期待できます。

生命保険などに加入すること

他にも保険で受け取る、という相続税対策があります。これは生命保険などで受け取ることによって、控除がありますからこれを狙うのはありでしょう。意外とポピュラーなやり方になっています。命に対して、ということが嫌がる点でもあるのですが、そこまで気にしないでも良いでしょう。積み立て式であれば、満期になった時に返ってくることもあるのですが、そうしたタイプではなく完全な死亡保険にするとよいです。それがやり方の一つとして確立しています。

大切な人を失った悲しみの中、税金の計算をするのは、大きな負担です。相続税の税理士に任せて、安心しましょう。