基礎から知る!?いまさら聞けない信用取引のエトセトラ

信用取引の歴史を知る

投資教育があまり浸透していない日本において、これを聞くとかなり以外に感じる方も多いかもしれませんが、信用取引が世界で最初に行われていた場所は、何を隠そう日本の大阪であるとされています。江戸時代に大阪の堂島で行われていた米の先物取引が信用取引の発祥とされています。江戸時代では、年貢米と言われるように税金の支払いは基本的に米で行われていました。その為、米の取引は活発に行われており、その中から将来出来る米の売買を行う米の信用取引が生み出されました。

先物取引発生の生い立ち

米の先物取引の特徴としては、将来売買されるであろう米の予約に近いのかもしれません。例えば将来売りに出される米を買う権利を購入している状態です。この権利を購入するために頭金のようなお金を支払い、買う権利を持っておく訳です。この買う権利は、米が不作の場合はコメ価格と共に高騰し、豊作の時は暴落します。この米を買う権利の売買が商品先物取引の原型になりました。農家や米の仕入先は、豊作であれ不作であれ、あらかじめ米の売買金額を決めておけるので、大いにリスクヘッジが出来たとされています。

先物取引だけじゃない信用取引

現在ではインターネットの普及に伴い、いくつかの信用取引が日本でも簡単に始められるようになっています。もちろん商品先物取引も有名な信用取引のひとつです。他にも24時間取引が出来ることで利用者が増えた、外国為替証拠金取引も有名な取引です。インターネットがあれば簡単に口座開設まで出来、すぐに取引を始められる事も大きな魅力の一つです。また、現物取引のイメージが強い株式の取引にも信用取引が存在します。現物取引に比べ、少額で大きな取引ができるので人気の取引だと言えます。

信用取引はその名の通り、互いを信用して取引を行います。その為、多少なりとも不安感などを抱いた場合は、一旦踏みとどまり取引を行うか考え直してください。